ハワイ、ワイキキでコンドミニアムを買う!  

Translate

9/19/2020

まずは、ローンを返済します。

コロナウィルス感染は、米国政府がリーダーシップを取らず、州がバラバラに動いており、政治のネタになっているため、本当の意味での感染者減少には至っていません。大統領選に向けて、分裂が広がりを見せると思います。マスクを付けるのがバカバカしいと考えているトランプ支持派がいる限り、アメリカでの感染収束はないと私は見ています。

それで、しばらく、ハワイのコンドをどうするかを考えていたのですが、とりあえずは、売却するのを止めました。経済はこれから傷んでいくので、金利が上がることはありません。一方、政府はアメリカも日本も、紙幣を刷り続けているので、金余りの状態です。日本は、この20年間、デフレだったと個人的には思っています。物の値段は、ほとんど上がらず、今でも1,000円あれば美味しいランチが食べられという状況です。

物価が上昇しないのに対して、不動産価格は上昇しています。金余りと低金利がお金を不動産に向かわせているのだと思います。私が20数年前に買った自宅のマンションは、3年で4割下がりましたが、その後で買い替えたマンションは、20年で2割しか下がっていません。多分、アメリカでも同じことが起こるだろうと考えました。

株価は不透明ですが、今年は、ゴールドの価格が上昇しています。世界的なリスクの高まりで安全資産にお金が向かったわけですが、株式全般は、政府の支えで大きく下げることはなくても、全体として上昇する可能性は低いはずです。余ったお金は、不動産にも向かいます。低金利が続くので、コロナウィルスが落ち着いて(多分2年後)、経済が戻ってくれば、低金利を利用して家を買おうとする人も増えます。そうすると、不動産価格は安定すると思うのです。

今、アメリカは、政府の指示で、家賃を滞納していても追い出すことができない(全部ではないみたいですが)ことになっています。失業率が大恐慌の時のような状況で引越を考える人は少ないでしょうから、テナントを探すのは大変です。しかし、この状況だからこそハワイに移ろうという余裕のある人だっていると思います。一部ですが、米軍の仕事で異動する人もいるはずです。

局面としては、厳しいのですが、幸いローンを全額返済することができます。また、7年間、家賃がローンの一部を返した含み益もあります。まずは、ローンを返済し、金利を自腹で払うことを止めます。そうすれば、持ち出しは、管理費だけになるので、我慢できるかなという感じです。メンフィスに戸建てを買うつもりでしたから、いくらかの米ドルを持っていましたが、返済の準備のために、104円80銭ぐらいのところで、ローン残高に合わせるべく、ドルを買い足しました。ひとつひとつの作業に踏ん切りが必要なのですが、銀行での送金先登録が完了したら、早く終わらせたいと思います。



8/10/2020

テナントから退去の申し出

コロナウィルスの影響でハワイの経済は大打撃を受けていて、その中でもテナントさんからの賃料支払に遅延はなく、ありがたい状況でした。しかし、ここに来て、およそ1ヶ月後に退去するとの申し出がありました。

4年程の長きに渡って住んでもらって、毎月家賃を払い続けてくれたので、その点は心から感謝です。1年とか2年で入れ替わると、1ヶ月とか2ヶ月家賃収入が入らないことになります。それが4年間まったくなかったのですから、とてもラッキーだったと思います。

問題は、次の入居者が決まるかということになります。観光業に頼っているハワイの失業率は、公式の発表は20%強ですが、3割という数字を聞いたことがあります。 そういう中で、月に2,000ドル近い家賃の家を探している人がいるのか?は大きな疑問で、見つかるかどうかは、運次第ではないかと思います。

ホノルルに限って言うと、カカアコに新しいコンドが建築され、airbnbの禁止が厳格化されて、賃貸物件が増えている状況にあります。その中で、コロナウィルスにより経済活動がストップしているというのは、まさに泣きっ面に蜂、目の上のたんこぶ、最悪の状況と言えそうです。

個人的な財務状況からすると、家賃収入が入らなくても少しは我慢できるので、焦ってはいませんが、無駄な支出を続けることはやりたくないので、売却することも一つの手段として排除せず、今後の対応を考えたいと思います。



8/09/2020

家具の買い替え(続き)

家具の買い替えバナシの続きです。日本のいつもの生活なら家具の買い替えなんて考えることなく済んでしまいますが、そうは行かないところがハワイだからですね。話を続けます。

家具が決まれば、それでオシマイではないというのは、まず、Furniture Express Hawaiiは、港に着いた家具を引き取るというのが基本です。いきなり港ですか?と思われた方、無理はありません。この家具屋さん、家具を本土から仕入れるようで、2−3週間でハワイに到着すると説明がありました。大きな家具屋さんは、定期的にまとまった量を仕入れるはずなので、スタイルが違うのだと思います。

ホノルルの港に到着すると、購入者は1週間以内に引き取らなければなりません。時間が過ぎると保管料がかかります。最初は、ハンディマンに港での引取からを依頼しようと思いましたが、いろいろ調べると、家具屋さんに頼むのが良いことが分かりました。

まず、家具屋さんが港からワイキキのコンドまでの輸送費が150ドルでした。組み立てのサービスもあるというので聞いてみると、ドレッサーが1台とナイトスタンド2台で100ドルとのことでした。古い家具の廃棄は対応していないので、廃品回収は、Yelpで探すことにしました。いくつか連絡して、見積もりをもらうと、Oahu Junk Removalという会社から110ドル税別というオファーがありました。

前回の投稿で、ドレッサー1台の搬入から引取まで300ドルと書きましたが、個別のサービスとして依頼しても、360ドルぐらいですから、悪くありません。何でも屋さんに依頼すると一日仕事になるので、500ドルぐらいするかもと考えていましたから、結果オーライでした。昨年、自宅のソファーを20万円ぐらいで買い替えましたが、運搬料も引取料も無料。そういう費用を取らないシステムが良いかどうは別にして、利用者としてはありがたいですね。

とりあえず、準備は整いました。あとは、家具の到着が決まれば、ハワイハレのリカさんに連絡が入ります。そうすると、テナントと搬入日などを相談してもらい、古い家具の廃棄と新しい家具の設置が完了します。実際に届いた家具がどうだったかは、今月の終わり頃に報告できると思います。